<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    こんな曲が歌われる英国とは…

    0

       
        華やかで煌(きら)びやかなロンドン・オリンピックの影で、こんな曲が公然と歌われ、若者たちを中心に絶大な支持を受ける…、

                 mini_120731_16040001.jpg

       1988年発表、今から24年も前の作品とは全く思えない、
       現在も色褪せることなく、鋭利なリアリティを社会に突きつける…、

       80年代中盤のイギリスを全速力で駆け抜け、わずか4年で解散してしまった “奇跡のバンド”  ザ・スミス の作詞&ヴォーカル、 モリッシー のザ・スミス解散後初のソロ・アルバム、Viva Hate”

       このアルバムのラストの曲、
              “Margaret On the Guillotine”
                       〜マーガレットをギロチン台に〜

       歌詞は割愛しますが、あまりに衝撃的な内容に度肝を抜かれる。

       こんな曲が発禁にもならず、公然と歌われるイギリスという国…、

       他国なら(特に北朝鮮や中国なんか)、とてもただでは済まされない(もちろん日本でも)。


       ロックという表現手段を用い、理不尽で不可解な社会に対し徒手空拳で切り込んで行く…、
       ブリティッシュ・ロックが大いなる成長を遂げ、世界の音楽シーンに君臨し続ける最大の理由が垣間見える。

       反権力、反体勢…、だからこそ衰退なんかしない、ブリティッシュ・ロック。

       
       メディアはほとんど採り上げないが、オリンピックの影で、どれだけの人たちの鬱屈が不満がストレスが渦巻いているか…、
       いつの日かそれを、音楽で! 文学で! アートで! 映画で!
       …表現して欲しい。

       親愛なるイギリス国民…、
       新しいアーティスト、表現者の登場、期待してます。


       入院や〜っと決まりました、
       7日(火)入院、13日(月)手術、
       お盆なんて関係ありませ〜ん、

       当然、ブリティッシュ・ロック数千曲入ったiPod持参です、
       楽しんできます!

      西岡民賀 * 音楽 * 01:04 * comments(0) * trackbacks(0)

      “ブリティッシュ・ロック三昧” 2日目

      0
         
         ロンドン・オリンピック、当然のことながら盛り上がっているようで…、

         それに便乗してか、NHK・FMで昨日今日と2日連続でブリティッシュ・ロックの大特集がありました。

         洋楽オタク? 特にブリティッシュ・ロック(UKロック)大好きなT-にしおかとしては、聴き逃すわけにはいかない…、

                  mini_120729_20440001.jpg

          2日目の今日は、いきなりオープニングがピストルズの、 
                              「God Save The Queen」
         
         昨日の “ゴジ” に続き、またまたマニアックな話題なので…(洋楽オタクでも聴いたことないような曲かかるし…)、
         知ってる人は…あまりいないような気が…。 

                   mini_120729_1222.jpg

         スージー&ザ・バンシーズ、ユーリズミックス、キュアー、ストラングラーズ、ダムド、デペッシュ・モード、ニュー・オーダー、ELO、ブラー、ピーター・ガブリエル、レディオ・ヘッド、プリテンダーズ、ポリス、ダイアー・ストレイツ、…

         ロック聴いていれば、これくらいは常識。

         かかんないな…、と思っていたザ・スミスも、
               「This Charming Man」 がオンエアされた、良かった。

         でも…、

         インスパもマイブラもエコバニも、ザ・ザもカーターもヴァーヴも、そしてペイル・セインツもライドも…みんな忘れられているのか(聴けない時間帯もあったので、その時にオンエアされたか…)、聴けなかった。

         これにビートルズやストーンズ、キンクスやクリームなんかも加わる…、
         層が厚すぎるよ、ブリティッシュ・ロック。

         こんな企画がまたあれば、次こそリクエストしよう…、

         “あしたのテストはあきらめた”  …どっかの誰かのラジオ・ネーム(笑)。

         気持ちわかる…、
         こんな番組聴いてたら、勉強どころじゃないだろう! 
        西岡民賀 * 音楽 * 23:55 * comments(0) * trackbacks(0)

        マツコさん、同感です

        0

                  mini_120623_23100001.jpg

           マツコ・デラックスが、涙するくらいのスーパー・アーティスト、

                   アデル ADELE

           ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴDVDを、また急に観たくなり…、

                  mini_120623_23080001.jpg

           「マツコさん…、やっぱ彼女凄いわ…」

           歌上手いし、MCも面白いし、楽曲のクオリティの高さはもちろん、パフォーマーとしても超一流…、

           ほんとにまだ23歳!?

           軽くBGMとして流すつもりが…、
           思わず真剣に見入ってしまい、他のこと何も手につかなくなりました。

           このライヴ空間を共有できた観客のみんながうらやましい…です。

                  mini_120623_23070001.jpg

           『やっぱ泣けるわ…』

           ハンカチ片手に泣きはせんけど、同感です。

           
           ラジオの某番組で、「世界中で売れてないのは日本だけ…」
           ってロッキング・オンの渋谷陽一氏が言ってましたが、本当でしょうか?

           世の中、わからないことだらけです…。

          西岡民賀 * 音楽 * 23:57 * comments(0) * trackbacks(0)

          アデルとマツコ

          0

                    mini_120620_01130001.jpg

             スカパーの音楽チャンネルを、時々BGMとして流してます、

             だいたいいつも、洋楽のビデオ・クリップか海外アーティストのライヴ。

             今夜もクリップを流しながら何やかんやしていると…、
             番組の合い間のCMで、アデル「Someone Like You」 が聞こえて来ました。

             「わっ、アデルや!」 と画面に目をやると…、

             マ、マツコが…(敬略称)、あのマツコ・デラックスが…、

             それを聴きながら…、泣いてる。

                   mini_120621_21280001.jpg

             ハンカチを目にやり、普段の豪快さはどこへやら…。

             そして最後に、こうつぶやく…、

             『やっぱ泣けるわ…、アデル 「21(トゥエンティーワン)」』

                   mini_120621_214100020001.jpg

             なんなんだこれは!(笑)

             いくらアデルが…、以前よりふっくらしてきたといっても…、

             あんまりだ…(笑)、

             ここでマツコが登場するか!?

             でも…、似てる(笑)。

             
             アデルを知らない方にはピンと来ないと思いますが…、
             なかなか鋭いアルバム紹介でした。
             
             アデル本人は、このCMの存在を知っているのでしょうか…?

             アデルが可哀想…、
             
             でも…、
             
             ごめんなさいアデル、笑ってしまう(笑)。

            西岡民賀 * 音楽 * 23:16 * comments(0) * trackbacks(0)

            アルバム・カヴァーアート

            0
              mini_111121_1810.jpg 旅の日程…、
               結論は先送り…。

               覚悟してたのに…、
               肩透かし。

               …どうなることやら、です。





               で、アルバム・カヴァーアートです。

               といっても、CDをディスプレイしてるだけ…。

               これは十数年前、神戸三宮の東急ハンズでGETしました。
               30枚飾れます。
               気分によって入れ替えます。
               
               ニルヴァーナ、テレンス、ガービッジ、サンデイズ、アブリル、スミス、ブラー、ダニエル・ラノワ、ヴァネッサ・パラディ、ルー・リード、フィオナ・アップル、エディー・リーダー、オトゥールズ、ネナ・チェリー、ストーンズ、パワー・オブ・ドリームス、オービソン…、

               現在は、そんなメンバーです。

               ネタがないので、アップしてみました。
               
               音楽だけじゃなく、アルバム・タイトル、そしてカヴァーアート、全て揃って1枚の作品となる、
               そう思ってます。
               
               時々、“ジャケ買い” もします。
               外れたことは…、まずありません。

               お気に入りは、ず〜っと飾ったままです。

               この中では、テレンス、サンデイズ、パワー・オブ・ドリームスの3枚。

               でも、この3アーティスト…、
               みんな今、どこで何をしているのか…、
               全然名前聞かないし…、

               でも、あのストーン・ローゼズが最結成!!! したのだから…、
               もう、なんでも有りかも…(苦笑)。
                    (マニアックな話題ですいません…)
              西岡民賀 * 音楽 * 23:05 * comments(2) * trackbacks(0)

              Angel

              0
                mini_111023_084000020001.jpg たぶん、今年最後のアサガオです。
                 なんとなく…、そんな気がします。
                 小さいけど気品があって、ピンクのグラデーションが絶妙…だと思うのですが…。

                 手じま(字が出ない…山の下に鳥)葵の、
                  「Angel」 を聴いてます。
                 全て英語の歌詞です。
                 意味がよくわからなくても…、
                 美しいです。
                 歌詞も大事だけど、やはり音楽はメロディと…
                 そして…、“声” だと思います。
                 
                 描きかけの絵の中に、“Angel” がいます。
                 「早く仕上げてくれ!」
                 …という声が聞こえるので、
                 今から行ってきます。
                西岡民賀 * 音楽 * 22:07 * comments(0) * trackbacks(0)

                ありあまる富。

                0
                  mini_110526_1700.jpg 何を思ったのか、2009年の元旦から簡単な日記をつけてます。
                   農業日誌も兼ねていて、その日あった出来事、したこと、感じたこと、思ったこと…、ブログには書けない?ようなこと…、いろいろ書き留めてます。
                   言うなれば、裏ブログ、の・ようなもの。

                   1年前の日記をめくっていると、こんな記述がありました。
                   
                   オレの一番の強みは、痛みを知っていること、弱者の視線で物事を見れること、かけがえのない経験をしていること、努力できること、極めて真面目であること、そして…、使命があること。

                   なんでこんなこと書いたのか…、1年前の自分に聞いてみないとよくわからないけど…、これを読んで、ある曲が浮かんできました。

                       僕らが手にしている富は見えないよ
                            彼らは奪えないし壊すこともない
                                    世界はただ妬むばっかり
                                
                                 〜中略〜
                       
                       彼らが手にしている富は買えるんだ
                            僕らは数えないし失くすこともない
                                   世界はまだ不幸だってさ

                        椎名林檎さんありあまる富」 という曲です。
                   
                   弱者の視線で物事を見れること…、その言葉から浮かんできたのか…、
                   僕らが手にしている富とは…、そして、彼らが手にしている富とは…、         
                              …言うまでもないことです。
                   こんなこと考えてるから、いまだにブルー・ハーツが大好きなのかもしれません。
                   彼らの曲には、虐げられた者の心の痛みと、それを乗り越えようとするチカラ、そしてなにより、弱者に対する“優しさ”があるから…。

                   画像は、庭に咲くクレマチスの花です。
                   花言葉は、「精神の美」
                   「精神の美」…、彼らにはたぶん、一生かかっても手に入れることは出来ないものです。
                   世のいろんな不条理を想っていると、たまにはこんなことを考えたりすることもあります。
                   僕らが手にしている富…、何ものにも代えられません。
                   目に見えなくとも…、かけがえのない、財産なのだから…。
                  西岡民賀 * 音楽 * 22:35 * comments(0) * trackbacks(0)

                  本日は、ドロレスと共に…。

                  0
                    110222_1552~01.jpg
                     暖かくて、いい天気です。
                     畑仕事には、うってつけなんですが…、用事、たくさん溜まってます。
                     チャリで回って、一気に済ませてしまおう、と思い、気合い入れて出発です。
                     
                     当然、音楽は不可欠。
                     と言っても安全面を考え、ボリュームはやや抑え目に。
                     音楽を聴きながら走ると、見慣れた景色も、また違った意味合いに感じてしまうから不思議です。
                     なんとなく、ドロレスの声が無性に聴きたくなり、ソロアルバム2枚をずっと流してます。
                     ドロレス・オリオーダン
                     クランベリーズのヴォーカリストであり、一番好きな、女性ヴォーカリストでもあります。
                     奇跡の歌声…、もぅ、大好きです。
                     画像は、彼女のセカンドアルバム、
                     「NO BAGGAGE」
                        人生という旅の中で、
                             過酷な真実の向こうに希望を見つめながら、
                          “今しかないこの瞬間” のために歌う―。
                     CDの帯に書かれたコピーです。
                     泣かせます、ドロレス…。

                     そのドロレスを聴きながら、営農センター、消防署、銀行、郵便局、TSUTAYAで本4冊、市役所、某ドラッグストア…、をチャリではしご。
                     帰りは、とんでもない向かい風で、ペダル踏んでもなかなか進まなかったけど、ドロレスのおかげで無事、我が家に到着。
                     いろんな人に会い、いろんなお話をし…、
                     
                     もっと、話したかった人もいたけど…、会えただけでも良かったかな…。
                     
                     とりあえず、今日のところは…
                     ありがとう、ドロレス、
                     ということで。
                    西岡民賀 * 音楽 * 22:14 * comments(0) * trackbacks(0)

                    土のついたiPod。

                    0
                      101221_1344~02.jpg
                        朝から冷たい雨。
                       種をまこうか、どうしようか。やっぱり、も少しあったかい日にしよう。
                       よし、この機会に命の一部である、(なんて大げさなって?全然大げさではありません。どれだけ、こいつに支えられているか)iPod を紹介します。
                       iPod classic 80GB。 現在、5,451の楽曲が入ってます。珠玉の5,451曲。
                        音楽、大好きなんです。
                       8割以上が洋楽だけど、クラッシックや映画音楽、J-POP、ジーパン刑事や龍馬伝のテーマ、なんてのも収録してます。
                       時折、農作業しながら聴いてるので、所どころ土のついたあとが。
                       土のついたiPodか。
                       「北の国から」の土のついた1万円札(わかる人にはわかります)とは値打ちが違うけど、決して負けないくらいのことをしているという自負は持っています。もちろん、たくさんの人に支えられて、だけど。
                       中には、この曲は一生聴き続けるだろうな、っていうのもあって。
                       いかん、話が終わらない。このへんで、やめとこう。
                       さあ、明日は芽がでるかな?
                       
                        
                      西岡民賀 * 音楽 * 20:23 * comments(0) * trackbacks(0)
                      このページの先頭へ