<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    オードリーとアンネ・フランク

    0
      110120_1240~01.jpg
       18年前の、1993年1月20日、ある世界的大女優が63歳の生涯を閉じました。
       そして、ベルゲン・ベルゼンの強制収容所で、ひとりの才あふれる少女がたった 15歳の生涯を終えてから、今年で66年になります。
       ふたりの名前は、オードリー・ヘップバーンとアンネ・フランク。
       あまりにも対照的な人生を歩んだふたり…。
       
       オードリー、1929年5月4日、ベルギー・ブリュッセル生まれ。
       アンネ、   1929年6月12日、ドイツ・フランクフルト生まれ。
       ふたりは、同い年です。
       同じ年、同じヨーロッパで生まれ、何故あんなにも違った運命を背負うことになってしまったのか…。
       オードリーは戦後、ずっとそのことを気にし続けていたといいます。
       だから、「アンネの日記」 映画化の時、アンネ役のオファーがきても、頑なにそれを拒んだ。
       「アンネの役だけは、どうしても出来ない…」 そう、言って。
        
       オードリーは晩年、ユニセフ親善大使として、世界の苦しむ子供たちを支援することに全力を注ぎます。
       自らの病をおして、命がけで、全身全霊を込めて…。
       映像を見ればわかります。それが、偽善行為や、売名行為なんかではないことくらい。
       伝わってくるもの…、子供たちへの、嘘偽りのない、惜しみのない愛情が。

       何故、こんなことを書いたかというと…。
       どうしても書かずにいられなかったから、と答えるしかありません。
       ふたりの関係については、もうとっくにご存知の方も多いと思いますけど、あれから18年たって、改めて戦争の悲惨さ、人生の無常さ、みたいなものを感じたものですから。
       
       体調、上向いてきました。そろそろ、エンジンかけます!
      西岡民賀 * オードリー アンネ * 17:45 * comments(0) * trackbacks(0)
      このページの先頭へ