<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    生花のある部屋

    0
      mini_120504_1641.jpg 庭に咲く花がとっても綺麗だったので、しばし見とれ、そして数本切り取り花瓶に挿してみました。(似合わないことする?)

       なんか、良い感じだ…、

       これだけで、部屋の雰囲気が変わる、
       空気が澄み、浄化されていくような気がする。

       ちょっとスケッチしてみようかな…、

       と、アトリエに移動、

       …いかん、そんなことしてる場合ではない。

       グループ・バンブーの倉田会長から、お葉書が届きました。
      mini_120504_19260001.jpg 
       「元気ですか、バンブー作品展11日搬入、出品お願いします」

       …プレッシャーだ、
       なんとしても、出品しなければ…、

       しかし、まだこんな段階…、

       その上、明日は三重の叔父が帰ってくる、
       …らしい、

       なかなか集中、専念はできそうにありません、

       アイディアだけは、たくさんあるんだけど…。
      西岡民賀 * 農業 絵画 * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0)

      泊り込み

      0
        mini_111019_16140002.jpg 新倉庫にマットと布団を運び込みました。
         今夜からアトリエに泊り込むことになります。
         
         今後の仕事内容と予定(稲木米の脱穀、〇〇の追加苗の植え付け、冬野菜の移植、その他諸々)、
         そして、サイアクのタイミングで訪れた想定外の事態(ノーコメント…)のことを考えると…、
         間に合わないかもしれない…ので…。
        mini_111015_07340001.jpg 
         My畑では次々といろんな花が咲きます。
         アサガオもまだ咲いてる…、
         もう10月後半だというのに…、
         地球温暖化、大丈夫なのでしょうか…。

         そんなことより、
         絵を乾燥させる時間を考えると、あと10日くらいしかない…、
         ほんとに大丈夫…ですか?
        西岡民賀 * 農業 絵画 * 22:26 * comments(0) * trackbacks(0)

        この花、いただきます

        0
          mini_111016_131400020001.jpg 柿と柚子の木の間に、こんな花が咲きました。
           花の名は、
           …わからない、勉強不足。

           とりあえず…、そんなことはどうでもいい、
           ひらめいた、
           この花…、
           天からの贈り物? 
           
           制作中の絵画3枚のうち、どうしても花が必要な1枚があって、その花をどうするか…、ずっと思案してました。
           イメージにあった花が、なかなか思い浮かばず…、
           そこにこの花です。

           カメラに収め、キャンバスの花の位置にはめてみると…、
           ピッタリ…!
           色といい、カタチといい、大きさといい…、
           なんてタイミングなのか…。

           天に感謝、大地に感謝、芸術の神に感謝!

           ちなみに、制作途中の絵を見られるのは好きじゃないので、画像はアップできません。
           11月3日に公開予定。
           あと2週間、
           そろそろ、追い込みです。
          西岡民賀 * 農業 絵画 * 22:22 * comments(0) * trackbacks(0)

          柿と柚子と…

          0
            mini_111010_12170001.jpg My畑の柿の木です。
             昨年は1ケも実らなかったけど、今年はこんな感じです。
             
             消毒も手入れも全く何もしていません。
             でもこの秋は、収穫が終われば剪定作業をして、不要な枝を切ってしまう予定です。
             
             その向こうの木は柚子。
             たいした量ではないけど、毎年必ず実をつけてくれます。
             mini_111010_12180003.jpgただ、収穫の時、トゲに気をつけないと…、
             とっても痛い目に合います。
             毎年…、とっても痛い目にあってます。
             学習能力…、足りません。
             
             毎月愛読している
             「現代農業」 の11月号は、その柿と柚子の特集でした。
             勉強になります。
             でも、これも実践しないと面白くありません。
            mini_111010_1359.jpg 今度ぜひ、“ユズコショウ” と “柿シェイク” を作ってみようと思ってます。

             美術展に出品する作品、目録作成のため正式に申請しました。
             計3作品。
             タイトルも決めました、…秘密ですけど…。(いずれバレます…)
             これでもう…、ほんとに後戻りは出来ません。
             肝心の作品の方は…、
             これからペース上げます!
             
             制作は…、楽しいけど、苦しい…、
             苦しいけど、楽しい…、
             でも、描かずにいられない、
             …どうしても。
            西岡民賀 * 農業 絵画 * 23:16 * comments(0) * trackbacks(0)

            アイリス。

            0
              mini_110516_15540001.jpg 終日、雨です。
               週間予報も、ほとんど傘マーク。
               作業が進みません…。
               気が滅入ります…、
               なんて、言ってる場合ではありません。
               雨なら雨で、やることはいっぱいある…。

               …と言いつつも、庭の「アヤメ」 と 「カキツバタ」 がとてもきれいに咲いているので、ついつい目が行ってしまいます。 
               アヤメ、カキツバタ、アイリス、ハナショウブ…、品種も多彩で、素人には区別も付きにくく、花言葉も、アヤメが「よき便り」、カキツバタは「幸せは必ず来る」、アイリスは「燃える思い」…、みんな違うので、なんかわけがわからなくなりそうです。
              mini_110523_1328.jpg
               自分にとってアイリスと言えば、ゴッホの絵。
               この絵がず〜っと大好きで、上京する前には本物と同じサイズで模写したこともあります。
               それを見て、気に入ってくれた友人が、
               「どうしても譲ってほしい…」
               と言うので、〇万円で預けることにしました。
               その友人とはその後、だんだん疎遠になってしまったけれど、元気にしてるだろうか…。
               そして、「アイリス」は大切にしてもらってるだろうか…。
               いくら模写だといっても、自分の描いた絵は、自分の子供みたいなものなので…、何年たっても、やっぱり気になります。
               
               多忙を言い訳にして、最近、絵があまり進んでないけれど…、
               田植えさえ終われば…、
               気合! 入れ直します。
              西岡民賀 * 農業 絵画 * 19:28 * comments(0) * trackbacks(0)

              目標、そして…。

              0
                mini_110422_1655.jpg 残ったワラの回収作業の予定が、想定より早めの雨…。
                 急遽、「かまぼこ板の絵」 の制作で散らかり放題だったリビングを掃除することにしました。
                 アクリル絵の具、ナイフ、筆、パレット、参考資料…。
                 それらを、定位置であるアトリエに移動しながら、今後の目標について考えます。
                 秋の県展に出品すること、
                 公募展にも何点か出すこと、
                 そして、小規模でもいいから、出来るだけ早い時期に個展を開くこと。
                 
                 本だって音楽だって、読んでもらって、聴いてもらって価値がある。
                 絵も誰かに見てもらわないと、単なる自己満足で終わってしまう。
                 そう、痛感してます。
                 個展…、やりたいです。
                 にん@Mさま、見にきてくれるでしょうか…?
                 mini_110422_1509.jpgその前に、いっぱい完成させないと個展にならない…。
                 頑張ります。
                 <にしおかなんちゃって画伯>の名に懸けて!

                 午後には雨も止み、タケノコスポットへ。
                 3本発見したけど、1本は皮ばかり。
                 1本は、まだあまりにも小さすぎ。
                 さすがにこれは大丈夫だろう、という画像の1本を社長に持っていったものの…、
                 むいてもむいても皮ばかり。
                 食べるところが…、ない。
                 イノシシは食べれるタケノコしか掘らないのか?
                 そうだとすれば、恐るべしイノシシ…。
                 人間は野性にはかなわない、
                 だから、面白いのかも。
                 でも、今年タケノコいただける日は来るのでしょうか?
                 誰かさん(?)が、タケノコまだかな、タケノコまだかな、と落ち着きません。  
                西岡民賀 * 農業 絵画 * 22:03 * comments(0) * trackbacks(0)

                ひまわりと、「天にとどく花」

                0
                  mini_110415_15530001.jpg 朝、大洲ののんく(2月24日のブログに登場)から、
                   「かまぼこ板の絵、もう出した?」
                   とのメールがあり、
                   「農作業が忙しくて、3枚出す予定が、下手したら1枚も間に合わないかも…」
                   と、なんとも弱気な返信をしてしまいました。
                   理想と現実の大きすぎるギャップ…。
                   のんくも、話によるとこれからとりかかるらしく…、〇人も子供さんがいれば、家事に追われて大変だろうな…、と想像はできるけど…、
                   締め切りは20日。
                   2人とも、〇〇〇美術学園卒業(特に自分は研究科まで出てる…)の沽券(こけん)にかけても、出品断念…、という情けないことは、絶対避けたい。
                   のんく、気合入れるよ、頑張ろう!」 
                  mini_110411_08150001.jpg
                   
                  画像は発芽し、急成長を続ける大好きな花、ひまわりです。
                   今年は欲張って、現在のところ20本。
                   種はいっぱい確保してあるので、畑の空きスペースはひまわりが埋めてくれる予定。
                   
                   ひまわりと言えば、魂の画家、
                    フィンセント・ファン・ゴッホ
                   
                   生前、たった1枚しか絵が売れなかった、というのは有名な話です。
                   それが、今や1枚何十億、新宿の安田火災ビルのひまわりは百二十億?…。
                   価値基準、わかりません。 mini_110415_16490001.jpg
                   フィンセントにはいろんなことを学びました。
                   絵のスタイルは自分と全然違うけど、純粋すぎる生き方、そして絵に向かう真摯な姿勢は尊敬し、時には畏怖感さえ覚えます。

                   
                  「ゴッホの手紙全3巻」

                   今でも、自分の背中を押してくれてる大切な本です。
                   
                   それより今は、20日までに最低1枚は仕上げないと、
                   たぶん、今回は、「希望」、「絆」、「命」、「未来」…、そんなテーマの作品が多いと予想されます。
                   自分も3枚出したくて、タイトルだけは全部決まっています。
                   そのうち、1枚のタイトルは、
                              「天にとどく花」  
                   祈り…、込めて描きます。
                  西岡民賀 * 農業 絵画 * 22:26 * comments(0) * trackbacks(0)

                  プチハイテンション!?

                  0
                    mini_110408_1625.jpg 朝から大忙しである。
                     なんで、こんなに忙しいかというと…、
                    それは、普段サボっているからに他ならない。
                     つまり、全部自分が悪いのである。
                     もっと、日々準備を怠りなくしておれば、今日みたいに、昼食が16時過ぎになったり、雨の中、チャリで郵便局まで猛ダッシュなんてことにはならないのである。
                     全く、いい歳をしていまだに学習能力がない。
                     こんなことでは、松山のおいっ子に笑われてしまうのである。
                     (以上、探偵物語・第22話:ブルー殺人事件の予告編、優作さん扮する工藤ちゃん口調でいってみました。あまりにも殺人的スケジュールだったため、その反動なのか、ちょっとテンション上がってます…。)
                     今日は小学校の入学式。
                     1年2組。
                     妹からメールが届き、なかなか凛凛しい制服姿、決まってるゾ!
                     
                     そんなわけで、今日はノーマルレタス、チンゲンサイ、コマツナ、つるなしインゲンが発芽。
                     画像はベビーリーフ。一番勢いがあります。
                    mini_110408_18150002.jpg
                     忙しさにかまけて、「かまぼこ板の絵」 は進んでいません。
                     20日締め切りなので、あと実質10日程しか時間がないということになります。
                     画像のアクリル絵の具なら、乾燥が早いので間に合うかも…。
                     
                     考えてる余裕はないのである。
                     10日間、寝食を忘れて、全身全霊で描き込むべし! 
                    西岡民賀 * 農業 絵画 * 22:11 * comments(0) * trackbacks(0)
                    このページの先頭へ