<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    再びの…帰還

    0

                mini_120821_1512.jpg

       報告、遅くなりました…、

       おかげさまで昨日、2週間ぶりに自宅に帰ることができました。

       先生方、看護師のみなさん、図書館スタッフのみなさん、お掃除のおばさんたち…、
       たくさんたくさんお世話になりました、ほんとにありがとうございました。


       術後経過は…、

       残念ながら、完治にはまだかなりの時間がかかりそうです。(セルフ・リハビリも必要だって…)

       でもそれを言い訳にはしたくないので、(映画 「BLACK RAIN」 での優作大兄の颯爽たる姿が強く深く、心の奥底に刻み込まれている)
       今後、体調がどうとかこうとか…、この場で書くことは一切しません。

       脚本の 『松田優作賞』、〆切まであとひと月ちょっと…、

       これくらいのことで、弱音吐いてるようでは…、
       『松田優作賞』 に応募する資格なんて、
                           ないっ!!!   …のであります。   …のであります。
      西岡民賀 * 松田優作 その他 * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0)

      「志」 と 「魂」 と

      0
        mini_120221_17040001.jpg 先日の新聞記事より…、

         「松田優作賞」 創設、

         山口県下関市出身の松田優作さん(1949〜1989)にちなむ脚本賞を設け…、

         募集する脚本は、1時間以上の映画作品を前提に、松田さんの「志」と「魂」を受け継ぐのが条件で、原稿用紙100〜250枚程度。
        mini_120226_18410001.jpg
         
         優作さんの、
         「志」 と 「魂」 か…、

         志と、魂…。

         オレがやる…、

         オレが書く、

         オレが書かずに…、
             誰が書くのだ!

         〆切は9月30日、絶対間に合わせる!

         画像は、リドリー・スコット監督、映画 「BLACK  RAIN」 のワン・シーン。
         この時すでに病魔に犯されていた優作さんは、スタントを一切断り、ハードなアクション・シーンを含む全てのシーンを自分で演じている。

        mini_120226_184600010001.jpg 後日、医者は言った、

         「強い人だ…、普通の人なら激痛で間違いなく失神している…、信じられない…」

         
         金曜日に、A大病院を受診しました。
         夜遅く、帰ってきました。
         とにかく遠いので…、
         疲れた…。

         入院も決定です、
         詳しいスケジュールは連絡待ち。(早くしてくれ…)

         こんな厳しい状況にありながら、心が折れないでいられるのは…、

         優作さんのことが頭にあるから…です。(他にもいろいろあるけど…)

         「BLACK RAIN」 でのあの演技が、強烈に脳裏に焼き付いているから、

         あれに比べれば…、

         これくらい、蚊に刺されたようなもんや…、と思うからです。

         「志」 と 「魂」 …、

         オレが受け継ぐ。


         A大病院の先生に、こう言われました、

         「あなたは、何か持ってますね…」

         …と。
        西岡民賀 * 松田優作 その他 * 22:04 * comments(0) * trackbacks(0)
        このページの先頭へ