<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    小難しい本!?

    0

               mini_120817_1136.jpg

       「ま〜た、小難しい本読んでますね〜(笑)」
       いきなり看護師さんに声をかけられて、ドキッとした。

       すかさずこう返す、
       「ぜんぜん小難しくないですよ〜、小難しそうな本を読んでる“フリ”してるだけです(笑)」

       「え〜っ、そうなんですか〜(笑)?」

       「小難しそうな顔してると、小難しそうな本読んでるように見えるんです(笑)」

       「また私は騙されたわけですか〜(笑)」

       「よう言うわ!人聞きのワルい(笑)」

       …なんて、バカ言ってるけど、
       この本読みながら普通の顔でいられる訳がない…、

            天童荒太著、 「悼む人」

       そりゃ真剣になるよ…、
       眉間にシワも入るよ…、
       なんでこの本セレクトしたかなぁ…、って想いもよぎるよ…。

       「ひだまりの里」で、「これまだ読んでなかったな、この機会に読んでおこう…」
       と軽く手に取ったら、このheavyさ…。

       次は…、

       「あれっ、今度は漫画読んでるんですか〜(笑)?」
       って言ってもらえるような、楽しい本を借りようかな…。

       …と言いつつ、地元愛媛出身の天童荒太、大いなる影響を受け、かけがえのない作家のひとり…であります。
      西岡民賀 * 宿泊日記 * 19:58 * comments(0) * trackbacks(0)

      「ひだまりの里」

      0

               mini_120817_11520001.jpg 

         病院1Fに図書館、「ひだまりの里」があります。

         そんなに広くはないけど、医学書はもちろん、ミステリーなどの文芸書、コミックなんかも揃ってて、頻繁に利用させてもらってます。

         今回、自宅から読みかけの文庫本1冊しか持って来なかったのも、「ひだまりの里」をフルに活用したかったから…です。

         今日も点滴をしたままの小学5.6年生くらいの女の子が、一心不乱に本を読んでいました…、

         どんな病と闘ってるかわからないけど…、
         彼女の背中に、
         「負けるな、頑張ろな…」 と、心の中でつぶやき…。

         夕方には、傷口のテープ交換です、
         傷口は約7造曚匹△蝓⊆分でも目を背けたくなるくらいの痛々しさ…。

         でも、先生曰く…、
         「綺麗にくっついてますねぇ、ほとんど傷跡は残らないでしょう」

         「先生、ありがとうございます…」

         このまま順調にいけば、来週中頃にも家に帰れるかも…、

         とりあえず明日は、大部屋へ移動…、
         静かな夜も今宵限りか…!?
        西岡民賀 * 宿泊日記 * 20:09 * comments(0) * trackbacks(0)

        術後経過

        0

                 mini_120814_145900010001.jpg

           無事に終わったようです(先生が言うには…)。

           ごっくんする度に喉に激痛が走るし、
           ず〜っと点滴したままやし、
           なんやかんや身体中に繋いであるし、
           外はものすんごい雷鳴が轟いてるし…、

           おかげで昨夜はほとんど眠れませんでした。

           心配していた“声”は、まだささやくくらいにしか話すことができないので、変わったのかどうなのか…よくわかりません。

           出来るだけ早く社会復帰?できるよう、
           検査が終わった午後からは休息も取らず、図書館で借りてた本をずっと読んでます。

           かなりヘトヘトフラフラ状態…、

           でもこれで今夜は眠れるでしょう、

           病院で、夜眠れないことがどんなに辛いか…、

           まったく、とんでもないお盆になったもんだ。
          西岡民賀 * 宿泊日記 * 19:24 * comments(0) * trackbacks(0)

          さよなら、僕の声…

          0

                      mini_120812_0751.jpg

             前夜…。

             明日の朝、8時半に手術室に入ります。

             金曜の夕方、主治医の先生から手術についての説明がありました。

             「お昼頃には終わるし、そんな難しい手術じゃないですよ!」
            とは言うものの…、

             切るの…喉やし、
             不安でいっぱい。

             で、恐る恐る聞いてみた、
             「先生、声が変わってしまうようなことは…?」

             「極端に変わるようなことはないけど…、ちょっとハスキーボイスになっちゃうかもしれないねぇ」
             …だと、

             「ハスキーボイスですか…!?」

             これまで、先輩やら上司やら、同僚やら後輩やら、妹の同級生やら…、いろんな人に言っていただきました。

             「おまえ、ええ声しとるな〜!」
             「声カッコイイ!」
             「声、シブイよ!」

             (声だけかよっ!?って思ったこともあったけど…)

             その声とも…、
             今夜でお別れ…かもしれない、

             出来ることなら、この声のまま目覚めたい。

             でも…、たとえそれが叶わなくても、嘆き悲しむのはやめよう、

             自分が自分であることに変わりはないし、

             もしかしたら…、今よりず〜っとシブイ声に生まれ変われるかもしれないし…、

             すべてを天と先生にお任せすることにして…、早めに寝ます、

             たぶん、眠れないな…(笑)。
            西岡民賀 * 宿泊日記 * 19:56 * comments(0) * trackbacks(0)

            Breakfast In E.U.H.

            0

                     mini_120809_07460001.jpg

               今日の朝食はこんな感じ、
               パーティラウゲンサンド+チョコ&ピーナッツ、コーンスープ、サラダ、フルーツ、ミルク、お茶。
               総カロリー722、蛋白質24.5g、塩分3.5g。

               食事は選択制、朝はご飯orパン、昼夕も好きなメニューを選べます。

               病院食って、“不味い”イメージがあるかもしれないけど…、
               E.U.H.(Ehime University Hospital)の食事はかなりイケてます。

               好き嫌いは元々ないし、出されたものは残さずいただく主義なので、毎回完食。

               …にしても、

               一日が長くて…。

              (スーパートランプの、“Breakfast In America” を聴きながら…)
              西岡民賀 * 宿泊日記 * 20:52 * comments(0) * trackbacks(0)

              願いごと

              0
                               
                                  mini_120807_1646.jpg

                 頚椎椎間板ヘルニアの手術予定で、東温市の愛媛大学医学部附属病院に宿泊しております。(入院という言葉、使いたくない…)

                 どうやら、喉仏(のどぼとけ)の下にメスを入れるらしい…、
                 ちょっとビビッてる、
                 この美声?が失われたら、どうしてくれるんや…!?

                 売店前の通路には、子供たちの書いた七夕の願いごとが飾り付けてありました。

                 中には “愛媛征服” なんて、よくわかんない(笑)のも混じっていたけど…、

                 病院らしく、大切な人に一日も早く元気になってほしい…、
                 そんな切実な願いが込められた短冊がほとんどでした。(ちょっとウルっと来た…)

                 My 願いごとは…、
                 早いとこ完全復活する!
                 これに尽きます、

                 これに尽きる…。
                西岡民賀 * 宿泊日記 * 20:41 * comments(0) * trackbacks(0)
                このページの先頭へ