<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    遠雷。

    0
      mini_110710_173000010001.jpg いくら、東京よりはるかにまし…、
       と言っても、
       暑過ぎないかい!!!
       って感じです。

       午後には、大気が不安定なのか、遠雷が響いて来ました。
       その遠雷を、iPodから流れてくる音楽越しに聞きながら、My畑で作業です。
       遠雷…、で思い浮かぶのは、1981年公開の映画、
          立松和平原作、根岸吉太郎監督の、
                     「遠雷」 です。
       主演の永島敏行と、石田えり爽やかに、そしてみずみずしく演じていました。
       永島敏行…、
       農業に目覚め、現在、有限会社 「青空市場」 を設立し、
       その代表取締役、そして農業コンサルタントとして活躍中です。
      mini_110710_17330001.jpg 人生、どうなるかわかりません。

       もしかして…、先日ちらっと書いたNHKのドラマ、「新宿鮫」シリーズ…、
       続編が制作されないのは、永島敏行のせい…?
       永島敏行は、鮫島の同期である香田を演じる重要な役どころ。
       農業が忙しくて、役者どころではないのかも…、
       嫌味な役を好演していたのに…。

       画像は、My畑、Vol.2のスイカです。
       油断してた隙に、かわいい果実がふたつ。
       雨が続いて、うまく育つかな…、と思っていたけど、
       なんとかなりそう…、

       でも、ここにアップすると、
       「スイカ待ってますよ!」
       なんておっしゃる人が居てはるので…、
       …困ってしまいます、
       お手柔らかに、頼むぜよ。
      西岡民賀 * 農業 映画 * 22:52 * comments(0) * trackbacks(0)

      くん炭工房と高菜、ミツバチの襲撃、そして…「怒れる男」

      0
        mini_110411_1411.jpg 東日本大震災からちょうど1ケ月。
         本来なら、書かねばならないことが沢山あるけど…、
         今日は、会社で作業。
         てんてこ舞いです。

         画像の籾殻(もみがら)くん炭(たん)工房。ピカピカのおニューです。
         昨年秋、初めて挑戦したくん炭焼き。
         我ながら大成功???を収めたけれど、課題が少々。
         一番の問題は、煙。
         このくん炭工房なら裏の畑で作業をする必要もなく、近所迷惑にならない。
         特に、お隣のK先生にご迷惑をかけなくて済むと思うと、ほっとします。
         でも、今日は火力が弱かったか…、いまひとつ、期待した結果が…。
         たぶん、明日再挑戦。 不撓不屈!mini_110411_15320001.jpg
         その後、畑で高菜の収穫。予想以上の成長。
         しんぷる・いず・べすと!ということで、おひたしにしていただきました。
         最高に美味!
         種から育てて、厳寒の冬を乗り越え…、美味くないはずがない。

         それから、養蜂箱の点検作業。
         素人にはムリなので、〇本師匠、再び登場。
         社長含め、画像の3人は完全防備なのに、自分は全くの無防備…。
         「ミツバチさん、お願いだから刺してください!」
         って、言ってるようなもの。…なんでや?有り得ないし…。
         巣箱を荒らされたと怒り狂い、体当たりしてくるミツバチたち。
         マジ、怖エエ〜。mini_110411_0815.jpg
         震災、選挙の記事で埋め尽くされた新聞の片隅に、ひとりの映画監督の訃報が掲載されています。
             シドニー・ルメット監督
         
        代表作には、名優ヘンリー・フォンダ主演の「十二人の怒れる男」 
        あります。
         この映画は高校2年の時、テレビ放送され…家族のみんなが寝静まった後、ひとり集中して観ました。
         引き込まれ、やがて、慄然とした感動に包まれ…、
         「よし、映画、真剣に観よう!」
        と、思わせてくれた大切な作品です。
         この映画に出逢わなかったら、プロフの作品たちにも出逢わなかったかもしれない。
         自分にとって、映画の原点です。
         ルメット監督、ありがとうございました。ご冥福…、お祈りします。
         
         東京のイチカワさま。コメントありがとうございます。
         井の頭公園の桜は、今頃、さぞかし綺麗なことと想像します。
         お酒、飲みすぎないようにね。
        西岡民賀 * 農業 映画 * 22:26 * comments(0) * trackbacks(0)
        このページの先頭へ