<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    苺畑よ永遠に

    0
      mini_111208_1731.jpg 
       12月8日です、

       ジョン・レノンの、命日です。


       
       あれから、31年…、

       なんか…言葉がうまく、出てこない…。


       
       ジョン…、

       今…なに考えてる…?



      mini_111208_17350001.jpgmini_111208_1829.jpg
      西岡民賀 * ジョン・レノン * 21:31 * comments(0) * trackbacks(0)

      ― Imagine ―

      0
                想像してごらん 国家なんてないと
                     難しいことじゃない
                殺す理由も 死ぬ理由もないし
                     宗教だってないと
                想像してごらん 全ての人々が
                    幸せに暮らしている世界を
        mini_110629_09340001.jpg 言わずと知れた、
         ジョン・レノン
           「Imagine」
         2番の歌詞です。

         一昨日の朝刊、国際面の片隅に掲載された8歳の少女の悲痛な記事と、昨日の「天声人語」 を読んで…、
         ジョンが、もし生きていたら…、いったい何を思い、何を感じ、どんなに心を痛めたか…、
         そう、思わずにいられません…。
        mini_110630_1620.jpg 
         10年前から、気になったり、心に残った新聞記事をスクラップしてます。
         3年前の綴じ込みをめくると、伊藤和也さんの悲報も残されていました。
         同じ日本人として、農業に携わる者として、彼の志と勇気と行動力と純粋な魂は…、
         当時の自分には、とても眩(まぶ)しく感じて…、
         あの時、和也さんのお父様は、報道陣に対して、
         「和也は、伊藤家の誇りですから…」
         と、声を振り絞って答えられました。
         …今でも、忘れることができないでいます。

         ネットで検索すると、アフガニスタンの菜の花畑の真ん中で、たくさんの子供たちの笑顔が踊っています…。
        mini_110629_16510001.jpg 宗教とは、本来、祈りであり、救いであり…、
         そしてなにより “幸せ” になるための“教え” であるべきものなのに…、
         
         ジョンが、
         宗教だってないと…
         と、歌った意味を今更ながら痛感してます。

         人類は、愚かです。
         救いようのないくらい…、
         でも、信じたい…想像したい…、です。
                  いつの日か…、きっと…
                         世界がひとつになることを…。

         伊藤さんの遺志を “無” にしてはいけない、
         8歳の少女の、あったはずの未来を看過してはいけない、
         どうせ、そんなこと無理だ…、とはじめからあきらめてはいけない、
         そして、未来を…、理想郷のような未来を…
                想像することを、止めてはいけない…、
                    たとえ実現に、膨大な時間がかかるとしても…、
         
         不肖にしおか…、この2日間、こんなことを考えていました。
         どうしても、考えずには…いられませんでした…。
        西岡民賀 * ジョン・レノン * 23:07 * comments(0) * trackbacks(0)

        寒すぎて、農業ネタなし…。

        0
          101225_1855~01.jpg
           「心頭を滅却すれば火もまた涼し」 というけれど、自分はまだまだ修行が足りないので、もう寒くて寒くてたまりません。
           というわけで、農業ネタも尽きて来て…。種まいた、芽が出た!ばかりじゃ、全然面白くないし。
           
           世間はどうやらXMASみたいだし、XMAS SONG といえば、真っ先に浮かぶのがJOHN LENNON のHAPPY XMAS(WAR IS OVER)です。
           この曲のビデオクリップは、涙無しでは見れません。
           単なるクリスマス・ソングと思っている人もいるかもしれないけど、この曲はジョンの命を賭けた反戦ソングです。(決して大げさではなく)
           
           で、ジョン・レノンと農業とどんな関係があるか?って
           自分は、こんな曲を聴いて、そして農業に辿り着いたんです。ジョン・レノン聴いてる奴が真剣に農業やってる、悪くないでしょう。
           ベースとなるものは、まだまだあるんで、これから少しずつ紹介していきます。トヨエツやイチロー、松田優作も出て来る予定です。
           明日の予報は、雪だるま。勘弁してくれ!
           
           
           
          西岡民賀 * ジョン・レノン * 21:15 * comments(0) * trackbacks(0)
          このページの先頭へ