<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    ソウイウモノニ…

    0

      mini_110404_1825.jpg 朝からタケノコスポットの確認。
       まだ、顔(頭?)出さず。
       この冬は雪が何度も降って、かなり寒かったので、少し遅れるかも…、
       ちなみに昨年は4月10日に初収穫。
       あせることありません、全然。

       それから終日、石垣の整備作業。
       予想以上に時間かかってしまって、困ったもんです。

       画像は先日収穫したばかりのブロッコリーです。
       わき芽がグングン成長して、このわき芽だけでもかなりの量になります。
       ブロッコリー、毎日いただいてます。
       飽きません、全然。
       ほんと、エンゲル係数低い…。(自慢していいのか?)
      110203_1252~01.jpg
       東日本大震災が発生して、もうずっと昔の出来事のように思ってしまっている…、ニュージーランドの地震。
       安否不明の日本人28名全員の死亡が確認されたそうです…。
       崇高(すうこう)な志(こころざし)を抱いて、あしたのために…果敢に海を渡った人たちです。
       神様なんて、存在しません…。
       ただ、ご冥福をお祈りするだけです…。

       響け 「雨ニモマケズ」
       
       岩手で生まれ育った宮沢賢治
       「雨ニモマケズ」 の詩が被災地で、
       動画サイト「ユーチューブ」で、
       そして、海外でも急速に広がっているそうです。
       岩手県の某小学校の卒業式では、校長先生がこの詩を朗読されたとか。
       戦時中から、苦難を耐え忍ぶ象徴として広くよまれてきた…と新聞にあります。
       賢治は、偉大です。
       時代を越えて、傷つき苦闘する人々を癒(いや)し、そして…、鼓舞し続けている。
       
       ソウイウモノニ
       ワタシハナリタイ
            …です。

      西岡民賀 * 農業 宮沢賢治 * 22:34 * comments(0) * trackbacks(0)

      雨ニモマケズ…

      0
        110119_1736~02.jpg
         午前中、仕事の打ち合わせを2件。
         大きく分けて、3つのプロジェクト。
         視察にも行きたいし、もっと詳しいお話を聞かないと、判断できない部分もあるし、とにかく、まだしばらくは結論出せず。
         話が進まない一番の原因は…自分にあります。
         
         午後、妹の運転で病院へ。
         待ち時間ばかり、長くて。 …しょうがないけど。
         検査、全て異常なし! 
         でも、まだ運転許可出ず。 「もうちょっと、様子を見よう!」 …って。
         もう、3ケ月運転してないよ、先生…。「もう少しの辛抱だから!」 …って。

         画像は、My畑の春キャベツです。
         退院直後にはアオムシの被害で悲惨な状態だったのが、ここまで成長しています。もう、結球も始まっており、このままうまく育てば、桜の花が満開になる頃には、最高の無農薬・春キャベツがいただけると思います。
         あの雪にも負けなかったんだなあ…。
         
         今夜はNHK教育テレビの、こだわり人物伝 「宮沢賢治」 の第3回。
         以前1度、ちょっとだけ書いたことがあったけれど、賢治の生き方、最近とても興味を抱いています。
         雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 丈夫ナカラダヲモチ 慾(よく)ハナク…
         この詩が劇中で朗読される映画、 
         「阿弥陀堂だより」
         とてもいい映画です。おススメです。未見の方はぜひ!
          
         もうちょっとの辛抱か…、雨ニモマケズ 風ニモマケズ…
         
        西岡民賀 * 農業 宮沢賢治 * 20:07 * comments(0) * trackbacks(0)

        米糠、そしてトラブル連発。

        0
          101012_1122~01_0001.jpg
          精米機に溜まった米ぬかの保管作業です。香り最高、手触り最高です。これを畑に撒いて肥料にしたり、雑草に混ぜて堆肥を作ったり…みんな、こんな超スグレモノアイテムを捨ててるなんて、ほんとにもったいないですよ。農業に無駄なもの、いらないものなんて無いんだから。

          午後からは稲木干ししていたお米の脱穀作業の続きです。今日も快調ハーベスタくん、だったのですが、が、突然ストップ。ガス欠でもないし、原因がわからない。(スマン、ちょっとペースが早すぎたか?)どうにも手に負えず〇AのKさんに見てもらうことに。日没迫る中、なんとか修理完了。と、今度はMy軽トラがぬかるみに入り込んで身動き出来ず。やれやれ、もう真っ暗やし、腹減ったし…。
          結局、救出作業は明日にし、家路へと。これで3日連続の日没です。トラブルも農業のうち、「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」です。
          宮沢賢治はあの詩を病に倒れ、このまま死んでしまうかもしれない、そんな状況下で書いたそうです。自耕自炊の道を歩み、死の間際まで創作活動を続けた賢治の生き方が最近とても気になっています。また、明日!
          西岡民賀 * 農業 宮沢賢治 * 23:01 * comments(0) * trackbacks(0)
          このページの先頭へ