<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    ハウス待望論と「かまぼこ板」

    0
      mini_110329_102600010001.jpg mini_110329_1600.jpg                                           
       午前中、会社裏の畑で野菜の生育状況をチェックしました。
       ここは、堆肥も肥料も施さず、なんと米ヌカだけで栽培してます。
       生育…、思ったよりも良いけれど…、やはり、物足りません。
       上の画像は、保温カバーをかけたレタス(手前)と、かけなかったレタス(奥の小さいの)です。試験栽培をして比べてみました。
       全然、生育が違います。
       こういう結果を見ると、やっぱりハウスが欲しい…、と思います。
       他にも、キャベツ、ブロッコリー、タカナ…、
       暖かくなってきて、グーンと成長してくれればいいけど…。

       午後からは、〇〇銀行の方としばしお話。 内容は…、秘密です。
       
       そして、急いで「かまぼこ板」の下地作りに取り掛かります。
       まず、板にサンドペーパーをかけ、表面をきれいにしてから、
       GESSO(ジェッソ)というアクリル剤にマチエール(絵肌)を表現するため、専用の砂を混ぜ、ナイフで板に均一になるよう乗せていきます。
       今回、色はイエローオーカーを使用。(画像下)
       アクリルは速乾性があるので、作業が早いです。
       まだ、下絵も確定してないけど、3枚完成を目標にペース上げていきます。
      西岡民賀 * かまぼこ板の絵 農業 * 23:10 * comments(0) * trackbacks(0)

      ブロッコリー、食べ頃。

      0
        mini_110324_16590003.jpg
         昨年より、約1ケ月遅れのブロッコリーの収穫です。
         本数も半減、味や柔らかさも納得いかないけど、今回は不測の事態に見舞われたので、しょうがないです。
         でも、市販のブロッコリーと比べてみると、無農薬だと柔らかさが全然違います。
         はっきり言って、芯まで食べれる。
         頂部の花蕾(からい)を切り取っても、まだわき芽が伸びてくるので、それも収穫できます。
         いろんな人に食べていただきたいけど、絶対数が足りません。
         今年は、いっぱいいっぱい作ります、出っきるだけ。

         「かまぼこ板の絵」、準備急ピッチで進めてます。
         と、言っても今日はまだ、板選びの段階。
         20枚くらいストックしていたのがあって、比べてみると微妙に大きさが違います。
         その中から、イメージに合った3枚をピックアップ。
         軽くサンドペーパーをかけ、明日にでも下地作りに取り掛かります。
         こんな細長い画面で…、何をどう表現するか…、アイディアとひらめきで、出来の9割は決まるでしょう。
         技術や技法などは、それからの問題です、たぶん。
         
         限定された、こんな小さな小さな世界だけど…、
         あと、3週間しかない。  or  あと、3週間ある。
         やるだけやります、全力で。
          
        西岡民賀 * かまぼこ板の絵 農業 * 22:52 * comments(0) * trackbacks(0)
        このページの先頭へ