<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    奇跡よ!!!

    0
      110228_1422~01.jpg
       終日、雨です。
       畑仕事…、出来ません。
       絵画の方も、雑用が溜まってるのを言い訳にして、今ひとつ集中出来ないでいます。
       でもほんとは…、このところずっと、頭から離れないことがあって…。

       ニュージーランドの地震、まだ、たくさんの方々が行方不明のままです。
       早く、なんとかしてあげることは出来ないのか!
       という、強い想いでいっぱいです。
       日本人不明者の方たちのお名前、年齢が報道される度、様々な記憶が脳裏を交錯します。
       阪神大震災の時、犠牲となられた方々のお名前を読み上げていたあるアナウンサーが、涙で詰まり、ニュースが中断するということがありました。
       ひとりひとり、かけがえのない人生があって、夢や志を抱き、支えてくれる家族や友がいて…、それが、ほんの一瞬で脆くも崩れさってしまう…。
       運命は、不条理で、時として残酷です。

       16年前、韓国のソウルで5階建ての百貨店が崩落し、502人の尊い命が失われる事故があった時…、最後の救出者が発見されたのは、崩落から17日後。
       まだまだ、希望は、あります。

       19年前には、ヨットレースに参加した船が猛烈な嵐に見舞われ転覆、27日もの間ゴムボートで漂流した挙げ句、1人だけ奇跡的に救助されるということが…、
           「たった一人の生還」
       この本は、その過酷で壮絶な記録であり、今も尚、太平洋に眠る6人のヨット仲間の方たちへの鎮魂の書です。

       地震と崩落事故と漂流…、簡単に比べられないのはわかっていますが…、
       ほんとに運命の神が存在するなら…、

       暗い瓦礫の下で、もがき苦しんでいる皆さんに、どうか微笑んであげて下さい。
       一分でも、一秒でも早く、光を与えてあげて下さい。
       奇跡よ…、

       ただただ、祈ってあげることしか出来ない自分が、もどかしいです。
       どうか…、どうか、奇跡よ!!!
      西岡民賀 * ニュージーランド地震 * 21:25 * comments(0) * trackbacks(0)
      このページの先頭へ